三萃園三味線の基礎演奏基礎付属品選びオススメ商品会員限定情報


 

ホーム三味線の音色、三味線の動画集

三味線の音色

 三味線の音色集(初級編)をお届けします。

 ご注意:三味線の音色の素晴らしさは、耳だけではなく身体で感じるものです。
     この点は各種動画では伝わらないことをご了承いただき、参考程度としてください。

(1)三味線の種類による違い
 @ 合成皮と犬皮の違い

  
 
A 花梨と紅木の違い


 B 細棹と中棹と太棹の違い


 C 犬皮と猫皮の違い


 D 近年の特殊な音色(皮の張り方による違い)
 皮の乾張り:競技など向き この皮の張り方には良い点と難点があります。「詳しく知りたい



 E オーダメイドの音色(参考)
  違いは秘密です。一丁は当店に保管していますので、ご来店の際に試奏してみてください。
 

 F 皮が緩むとどんな音色になるのか 



 G 裏の皮がないとどんな音色になるのか



(2)三味線消音グッズの効果


(3−1)さわりの効果


(3−2)上駒の材質と音色


(3−3)調弦の違い(4本→8本)


(4)糸と音色
 絹、テトロン、ナイロンの音色の違いを評価しました。


(5)糸巻きと音色
 結論「糸巻きによる音色の変化は極小だと考えられます」
 理由「上駒、さわりが支配的である」
 つまり、奏者の見た目の好みや使い易さにより黒檀、象牙などを選択すれば良いです。
  

(6)撥と音色
 「こちら

(7)駒と音色
 「こちら

(8)かすかな音色
 かすかなものに耳を済ますと・・・ 「詳しく知りたい


「三味線を始める前に知っておきたかった」
三味線の美意識

(9)余韻について




三味線の音色の考察
 音色は様々な文脈や視点から説明は可能です。
 
 一概に言えないことは十分承知の上で、
 「音域ー整合性」「迫力因子ー金属因子」で三味線を考察することができます。

 ・あなたの三味線はどこに位置していますか?
 ・現代の三味線はどこに位置していますか?
 ・伝統的な三味線の音色はどこに位置していたでしょうか?
 ・あなたの好きな音色はどこでしょうか?

三味線の音色 グラフ
「三味線になぜ太鼓があるのか答えられますか?」
三味線再入門

音色の詳細を知りたい方はこちらをご利用ください。
自分に合う音色とは 三味線

さらに知りたい方へ
当店のYoutubeチャンネルをご覧ください。
 三萃園の三味線YouTube 

当店の三味線は視聴可能です

 三味線は試奏してから選ぶのがベストですが、遠方の方の中にはご来店いただけない方もいらっしゃいます。
 三萃園の三味線はYoutubeを通じてインターネットで視聴を可能にしていますので、三味線選びの参考にすることができます。
  
 「詳しくはこちら
三味線の音色



   <お問い合わせ>
   下記をご記入の上、タイトルに「音色の質問」と添えてinfo_s@shamisen.ne.jpへメールしてください。

    ■お名前
    ■演奏ジャンル
    ■三味線歴
    ■その他


     ※ご連絡いただいた際には、必ずメールにて返信させていただいておりますが、
      yahooやhotmailなどのアドレスをご利用の場合、
      送信はできていても受信ができていないケースが稀にあります。
      3 日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。



初心者の方は以下をご覧ください。

 

 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
   
   
   
     
     
   
   
 
三萃園(さんすいえん)とは
三味線の知識
ホーム
ブログ
店主ご挨拶
三萃園の特徴
ニュース
店舗ご案内
三萃園の三味線
教材・レポート
概要
ネット店 在庫リスト
オーダメイド
三萃園製 三味線(セミオーダメイド)
ヴィンテージ三味線
新品三味線(セミオーダメイド)
新品同様三味線
修復済み中古三味線
お任せ良質中古三味線
ワケあり三味線
レンタル三味線
初心者 お試しセット

独自サービス
お問い合わせ
会員限定情報(こちらから登録できます)
独学サポート
イベント
出張販売
レンタルしてから購入
教材/稽古
お任せで購入する
・公開レポート「分解してみました」「100年前の三味線
お問い合わせ
Mail : info_s@shamisen.ne.jp
Tel&FAX:0566-91-7535(9-17時)電話受付は営業日のみ特徴
店舗   9-19時 不定休(土日も営業しています)
ネット店 9-17時 原則は日・祝日休み
三味線の相談
お支払い方法
メンテナンス
English

 
 
© Copyrigt since 2008 三味線のある生活 shamisen life