HOME / 教材・稽古・教科書 / 「歌」「音楽」の源流

「歌」「音楽」の語源 

 「歌」「音楽」の源流を語源から説明します。


 

「サイ」

サイ

 神への願事を書いた手紙を入れる器を「サイ」と呼びます。「口」という字の語源とされています。
 神様へサイを捧げて一生懸命祈りました。ところが一向に願い事が成就しない。

「サイ」を木の枝で叩く→「可」

 サイを捧げ、木の枝でサイを叩き願い事成就を強く祈る。
 「私がいまここにいます。いまお祈りしています。」

「哥(うた)」

 もっと神様を喜ばせて願事を聞いてもらう。可の字を二つ重ねると「哥」です。

「歌は神に捧げるもの」

 哥に口を大きく開けた人をつけると現在で良く使われる「歌」となります。
 つまり、歌はもともと神に捧げるものでした。

音づれ=訪れ 神が答える

 「音」は神に誓っていることば(辛)に反応して、サイの中に神意がある形。神が答える。
つまり「音づれ=訪る」こと。神意は音で告げられました。
ここで「きくこと」の重要性がわかると思います。
 「きくこと」のレポート

「楽」 神を招く行為

 「楽」は太鼓(鈴)を掲げる うたい、おどる。つまり神を招く行為です。

日本の美意識

 「歌」「音楽」の語源からもわかるように、日本古来の音楽は奥深い意味を込めて構築されています。
 それが日本独自の美意識を育んだと捉えることができます。


参考動画

コンサートで「きくということ」を解説した動画です。参考にしてください。




参考文献

 白川静 常用字解 平凡社
 

ご興味を持っていただけた方に

 本ページでご紹介したことは上達のほんの一部にすぎません。
 三味線は400年の歴史が有り、奥が深すぎるため、三味線の音色をお伝えするのは簡単ではありません。
 さらに音色に興味がある方は以下をご覧ください。

三味線の音色の探求

 「三味線と西洋楽器の違い」 三味線再入門講座

 講座資料&音声

 三味線の音色と美意識 〜今昔の音色の解説と演奏〜

 解説動画

 当店にご興味を持っていただけた場合、ぜひ、資料請求をしてください。
 当店の三味線

WEB公開情報・レポート


 三萃園がご提供しているWEB公開情報・レポートです
 三味線を学ぶ上で参考にしてください

 他のレポート >