HOME教材・稽古 > 手首を痛めないために


手首を痛めないために

三味線と手首
「頑張ることは自分を痛めることではありません」

私は数え切れないくらいの三味線経験者とお話する機会がありました。
「昔、三味線を習っていたのだけれど、手首を痛めて辞めてしまった」
「練習が終わると手首が固まって動かない」
「手首が痛くて辛い」 と言われることがよくありました。

その度に不思議に思っていました。

「なんでそんなに手首を痛める人が多いんだろう」と。

私は年間1000回以上の稽古をしていますので、たくさんの人の動きを見ています。

私の教室の生徒さんは過去一人も手首を痛めたことがありません。

理にかなった正しい動きをしているからです。
しかし、他の教室に通っている方や手首が理由で挫折した方には多いようです。

何が違うのでしょうか?

手首を痛める原因は主に以下4点です。
(1)撥の大きさが自分にあっていない
(2)体育会系の根性論が横行している
(3)呼吸の大切さを教えられていない
(4)それぞれの指の役割を知らない
 

 ご興味がある方は冊子をご覧ください。

 ご縁のあった方のサポートができれば幸いです。
                     三萃園 アドバイザー 田中こず恵
 

ご注文方法

 本冊子は無料です。ぜひ三味線の習得にお役立てください。

 

 お気軽にメール「info_s@shamisen.ne.jp」かFAX「0566-91-7535」に連絡ください。

 タイトルに「手首を痛めないために」と題しまして、内容に以下を記載ください

【内容にご記入いただきたいこと】

・ご氏名
・郵便番号
・住所
・電話番号
・三味線歴
・三味線演奏ジャンル


・コメント

 ※営業日は3日以内に発送のしたことを返信させていただきます。
 5日を経過しても連絡がない場合は、メールが届いていない恐れがあります。
 その場合は恐れ入りますがTEL、FAXでのご連絡をお願いします。


インターネットで閲覧をご希望の方

以下から申し込むとパスワードが送付されますので、インターネットで閲覧が可能です。  
お申し込み >

 

お申し込みいただき、パスワードを取得した方は以下から閲覧ください。

閲覧する >

 

※登録をお願いしているのは、本音の情報を記載しているので、一般公開に不向きであるためです。

関連情報


(1)〜(9)はパスワードを取得していただくと以下は無料で閲覧が可能となります。

お申し込み >



以下は冊子をお申し込みください。


参考文献

三味線の教本

三味線の音色の探求