HOME/三味線の駒の選び方&音色の評価動画


駒の選び方・音色の違い


【駒の選び方】
駒は音色のキー部品です。 様々な種類があるため、いろいろな駒を試し弾きすることが一番です。
ここでは基本的な選び方と音色の違いをおさえましょう。

駒は材質、重さ、形状、高さが、演奏ジャンルによって変わります。以下に主な既製品5種類を示します。
駒の選び方 概要
初心者の方:高さ、材質、形状などは先生や下記を確認してから購入しましょう。 高さの目安 : 長唄3分3厘〜3分6厘、地唄、民謡2分8厘〜3分3厘、小唄・端唄:3分3厘〜3分5厘、津軽三味線2分5厘〜2分8厘

消音させたい場合は、消音用の「忍び駒」があります。

駒は種類によって弾きやすさと音色が異なります。様々な駒を試し弾きすることをお勧めします。
音色の違いは音声を取得していますので、参考にしてください。
三味線の駒には無数の種類があります

駒の評価動画


(1)どちらの音色が象牙、プラスティックか分かりますか?

  答えは「三萃園Facebook pageへ

 



(2)「駒と皮の接触面積と音色の違い」


 三味線は紅木中棹三味線 再現性を重視し撥は使用していません。
 駒と接触面積と音色

      D接触面積2mm               E接触面積4mm
 



(3)「駒の高さ幅と音色の違い」


 三味線は紅木中棹三味線 再現性を重視し撥は使用していません。
 駒の違い

          @                    A
   

          B                    C
   

          D                    E
   

          F                    G
   



(4)「舎利駒とプラ駒の音色の違い」


 

(5)「竹駒とプラ駒の音色の違い」


 

(6)「水牛駒とプラ駒の音色の違い」


 





(7)「津軽三味線用の駒と音色の違い1」


 7種類を演奏して比較しています。


(8)「津軽三味線用の駒と音色の違い2」



 奥の駒から順番に評価 13種類  再現性を重視し撥は使用していません。
  津軽
     @竹ー骨(標準サイズ)             A木


     B竹ー骨(小さめ)               C樹脂


      D竹黒−骨(空洞)            E竹−骨(空洞)


     F竹ー骨(標準サイズ)            G竹−骨(空洞)


        H金属               10竹ー鼈甲


       11竹ー鼈甲             12竹ー紅木


       13鼈甲
 

(9)忍び駒の効果 と +アルファ






撥の評価動画「こちら


三味線の音色は「こちら

三味線の様々な動画↓

三萃園の三味線YouTube

販売中の三味線の音源も聞けます


 三味線は試奏してから選ぶのがベストですが、遠方の方の中にはご来店いただけない方もいらっしゃいます。
 三萃園の三味線はYoutubeを通じてインターネットで視聴を可能にしていますので、三味線選びの参考にすることができます。
  
 「詳しくはこちら
三味線の音色

駒の相談

 駒に関するご相談を受け付けています
 お気軽にメール「info_s@shamisen.ne.jp」かFAX「0566-91-7535」に連絡ください。 

 タイトルに「駒の相談」と題しまして、内容に以下を記載ください

さらに駒の知識を得たい方

 三萃園の資料請求をご利用ください。
 駒の知識の資料を送らせていただきます。


資料請求 >