HOME / 教材・稽古・教科書 / ある外国人の感想

三味線?あのうるさい楽器ね

 ある外国人の民族音楽家が三味線の感想を言いました。

 「三味線?あのうるさい楽器ね」
 ストレートにこのように表現しました。

 なぜそう感じたのか聞いてみると
「キンキン、カンカンと皮の音が痛い」「刺してくるような音で気分が悪くなる」「深みが・・・」
 と手厳しいものでした。

 どんな三味線を聞いたことがあるのか尋ねると
 「伝統とされる舞台芸術」と「若手演奏家さん」の海外公演でした。

この感想は実は日本人も多い

 実は日本人も同様です。
 聞き手は黙ってはいますが、本音を聞いてみるとこのようなネガティブな感想をいう場合があります。
「痛い」 「うるさい」 「誰が弾いても同じ音色」 「一曲でお腹いっぱい」 「ロックみたい」
「品が良くない」「パチンコ店のような騒々しさ」「最初は惹きつけられるが疲れる」「深みが無い」・・・

最大の原因「西洋化/競技化した音色」

最大の原因は三味線の音色を「西洋化/競技化した」ためです。

西洋化/競技化した音色の三味線は単純化すると「協和音」「高音」「鋭さ」「迫力」を優先しています。
一言で単純に表現すると「わかりやすい音色」にすることです。
「派手な高音が好きな方」「競技がしたい方」「芸能に興味がない方」「一般的に若い方」に向いています。

 【この音色の背景】
明治維新以降は西洋音楽が流行りました。現代では学校教育は西洋音楽を学ぶ場です。
純邦楽も適応するため日本の楽器を西洋の楽器に似せることを無闇に実施しました。
実は伝統芸能の多くは西洋化しています。これは提供側も無自覚です。

また、それを更に加速させたのが「競技化」。音楽で人に勝つためには特定の側面を極端に強調。
この音色が流行ったのは戦後の高度経済成長期にピークを迎えました。
この音色を作るには大量生産規格品の木材と特定の皮の張り方が必要です。
現代では大半の職人はこの音色しか知りません。この知識の無い奏者に選択肢はありません。

「わかりやすい音色」(西洋化/競技化した音色)


 前ページでは西洋化/競技化した音色を簡単に表現すると「わかりやすい音色」と表現しました。
ではわかりやすい音色とは何なのかを説明します。

【わかりやすい音色とは】
 「音を単純にする」ことです。

【なぜ単純にするのか】
 「商業的に成立させるためにわかりやすくする必要があるためです」

【単純な音とは】
  主に「音を大きくすること」 「雑音を排除すること」です。

つまり商業的目的から「(表面上)音を大きくする」「雑音を排除する」ことを選択しました。
(これは前述したように、皮を破れやすくする工法と相性がよく、皮の張替えが頻繁に必要)

工業製品のように画一的な音色の三味線の製作には成功しましたが、
失ったことは大きいのではないでしょうか。

「もの(自然)」の音がするのが日本の楽器


三味線の音色は「自然との調和」を大切にしていることについて解説します。

誤解を解く


 先ほどの海外の演奏家さんに対しては、このような説明をして、
 当店の代表的な三味線の音色(伝統的な三味線の音色)を聞いてもらうことで、誤解がようやく解けます。

 ちなみに、当店では、西洋化/競技化した三味線は推奨していません。
 このような知識を得た上で、西洋化/競技化した三味線を選択するのは良いと考えます(好みの問題です)。
 この記事を読んで正しい知識を得ることの大切さがご理解いただけると幸いです。

ご興味を持っていただけた方に

 本ページでご紹介したことは上達のほんの一部にすぎません。
 三味線は400年の歴史が有り、奥が深すぎるため、三味線の音色をお伝えするのは簡単ではありません。
 さらに音色に興味がある方は以下をご覧ください。

三味線の音色の探求

 「三味線と西洋楽器の違い」 三味線再入門講座

 講座資料&音声

 三味線の音色と美意識 〜今昔の音色の解説と演奏〜

 解説動画

 当店にご興味を持っていただけた場合、ぜひ、資料請求をしてください。
 当店の三味線

WEB公開情報・レポート


 三萃園がご提供しているWEB公開情報・レポートです
 三味線を学ぶ上で参考にしてください

 他のレポート >